カテゴリー
ポーランド

ポーランド語の月の名前

[table id=38 /]

月の表現

[table id=40 /]

月の語源

1月 – styczeń

語源はstykaćという動詞。古い年と新しい年が出会う(接触する)に因むそう。
なんとも受容的な表現で素敵だと思いました。
英語の1月はJanuaryはJanus(ヤーヌス)という物事の内と外を見ることができるローマの神様に由来していて、
日本の1月は睦月。仲睦まじくが由来。

2月 – luty

古(旧)ポーランド語で、bitter frost – きびしい霧、freezing cold – 凍える寒さが由来。ぱっと見はLato(夏)やlipiec(7月)と同じような夏らしいジャンルを思わせるのに、言葉の意味はかなり辛辣な冬を表現しています。

3月 – marzec

marznąć – 凍えるを由来とする説と、ローマ神話の戦と農耕の神Martiusが由来であるとする説の2つがあるようです。

4月 – kwiecień

ポーランド語でお花はkwiecie – 花。
ちなみにチューリップなどのお花はkwiat(flower)、kwiecieは果樹に咲く花(blossom)の意味合いの印象です。
(明確なことは断言できません、ごめんなさい!)

日本の4月は卯の花が咲いたという意味で卯月。4月はポーランドも日本もお花の季節なのですね。

5月 – maj

ローマ神話の女神、Maiaより。Maiaは春を司る豊穣の女神さま。
ポーランドでの月の読み方で唯一ローマ由来のものです。

6月 – czerwiec

“czerw”カイガラムシ。かつてこの時期には、赤い染料をつくるために、カイガラムシを集め太陽の下で乾かしたとのこと。
いまでは食品成分の裏でときおりみかけるかのコチニールですね。

7月 – lipiec

この時期に花を咲かせる”lipa” リンデンの木より。

8月 – sierpień

収穫の時期に使用する”sierp” 鎌より。
日本の8月は落ち葉が舞うを意味して葉月。

9月 – wrzesień

この時期にもっとも美しいむらさき色を見せる”wrzosy” ヒース / ヘザー(植物)より。

10月 – październik

布をつくるのに使われた”paździerz” 麻, 麻屑より。

11月 – listopad

padajace liscie – 葉が落ちるより。
日本の8月、葉月とちょっと通ずるところがありますね。

12月  – grudzień

“gruda” 硬い地面。寒さによって地面が硬くなっていくことから。

さいごに

英語の月の読み方は、ローマの神様たちに由来しているものが多いですが、ポーランドの月は自然や慣習にならったもしくは反映された月の名前なのですね。うつくしく風情を感じます。

とにかく寒いんだ!という悲嘆とも思える2月3月の名称から、4月の春の到来を喜ぶような可憐な月の名称、8月は収穫、しっとりと花を愛でる9月、葉が落ちる10月…非常に季節折々が循環的なものであると実感させられます。

12月だけ、どしてか無彩色な名前なのも面白い。妄想だけど、きっとこれから寒くなるのを悲観してこのような名前になったのではないでしょうか。

今回は、ポーランド語の月についての記事でした。

[temp id=2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です