カテゴリー
ポーランド

イースターマーケット 2019 in ポーランド

みなさま、こんにちは!
しろくまです。

本日、4月21日(日)は、イースターです!
とはいいつつ、お恥ずかしながら
イースターという言葉は聞いたことはありながらも、その日が持つ意味を知りませんでした。

イースターってなんだろう?

イースターは、十字架に架けられたキリストが3日目に復活したことを祝う「復活祭」で、キリスト教徒にとって重要なお祭りです。
毎年いつという決まりはなく、「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」が復活祭の日になります。
2019年の春分の日は3月21日、次の満月は4月19日、その次の日曜日が本日の4月21日(日)にあたります。

クラクフのイースターマーケット

クラクフの中央市場広場では、毎年イースターの10日ほど前からイースターマーケットが開催されています。
イースターマーケットでは、かわいい絵が描かれたイースターエッグやうさぎの置物、その他にもお皿などの雑貨、フード系ではお菓子やアイスクリーム、ピエロギやパン屋さんなどたくさんのお店があります。

場所はこちら

色とりどりのイースターエッグ
パルム!
大きいいパルム、かわいい!
キャンディー屋さん
キャンディー屋さん
織物屋さん
イースターエッグ、うさぎの置物、手前はフサリアグッズでしょうか
ボレスワヴィエツ陶器屋さん
お皿・食器やさん 配色がなんともかわいい
同じお皿やさん 本当にかわいい
にぎやか、でもおだやか
遠巻きから

はじめてのイースターマーケット、すごく新鮮でした!

気になったもの

Dominika Stawarz-Burskaというアーティストのプレートがとてもかわいかったです。
懐かしい感じがするざらざらした風合いのイラスト、すごくステキです。

(以下の画像の価格は絵画のものですのでご安心ください)

サイトはこちら

Tylkostuka

おまけ

誰もいない織物会館
静かな教会側
帰り道見つけたかわいいお店の張り紙

わたしが買ったもの

イースターパーム!ポーランド語ではパルム・ヴィエルカノツナ(Palma Wielkanocna)と呼ばれるようです。
先日、教会の前を通りかかったときにちびっこやマダムがカラフルなパルムを持っているのを見てから、ずーっと欲しかったんです。
小さいサイズのもあったんですが、つい大きいのを買ってしまいました。

本来はこのパルムはイースターの前日に燃やされて、その灰は翌年の灰の水曜日に使用されるようです。
イースターの今日、パルムを持って歩いているわたしはクリスチャンの方々には奇妙に見えたかもしれません。
参照:JAPOLAND

ちなみに、買ったあと新聞紙に包んでもらえたりというような日本的なサービスはなくそのままの状態で渡されます。
もしイースターマーケットに行く際にはエコバッグの持参をオススメします!

余談ですが、帰り道に、スーパーに寄ろうと日曜でもやっているスーパーを2件回ったのですが、イースターのためおやすみでした。
コンビニも。街中のコンビニはやっていたので、家の近くのコンビニもやっていると思ったのですが、甘かった。。
そして市場から離れると、いつも以上に今日は街が静かでした。

いつも以上にゆったりとしたポーランドの日曜日、2019年のイースターマーケットでした。

またね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です